おすすめ

今日のにっこりひまわり

葉牡丹、ひろめ、酪農の未来〔5005〕2016/12/28

葉牡丹、ひろめ、酪農の未来

2016年12月28日(水)晴れ!

昨日は、飲みました。よく飲みました。実によく、飲みました。
一年で一番大切な忘年会、高知県中央酪農組合連合会の忘年会が、昨日のお昼から、葉牡丹であったのであります。高知県人の心のふるさと、葉牡丹で。
最近は、酪農婦人部の女性も参加してくれるので、食べ物の注文はお任せ。すると、僕たちが頼むのとは一味違う料理の数々。面白いですよね、男性が頼むのと女性が頼むのの、見事な違い。

それはともかく、出欠を非常にアバウトにとってましたので、13人くらいで予約していた席に結局17人。まあ、それくらいの変更はものともしない葉牡丹のすごさ。この人数で、料理はその場でどんどん注文しても、どんどん対応してくれる、さすがの葉牡丹でした。

何より嬉しかったこと。
この酪農組合(通称「中酪」と呼びます)、酪農業の全国的な傾向の中で、どんどんと人数が減ってきました。忘年会参加者も、このところ13人くらいになっていた。
しかし、近年、後継者の若手が参加してくれるようになり、ベテランと若手が綯い交ぜになった、活気ある忘年会になってきたんですね。
昨日は、その若手酪農家さんが、奥さんを連れてきてくれたりもしました。この秋に岩手県から安田町の山奥の酪農家さんに嫁入りしてきた娘さんも、若いご主人と一緒に参加してくれました。今年から始まったヤギミルクの生産者さんも。
いや〜、面白かった。新しい血が、すべてを活性化させていく。
これからの高知の酪農は明るいと思いました。

もちろん葉牡丹が終わるとひろめ市場へ移動。
昔のおんちゃん達は、しゅっとタクシーを使いたがりましたが、若手が増えたので歩いて。15:00頃のひろめ市場は、比較的空いてまして、12人ばかりでテーブルを占拠。この時間にこれっぱあ出来上がっちゅう団体も珍しいので、ひろめらしさを盛り上げるのに一役買いましたね、これは。
そして鯨飲。
19:00前まで、テーブルで飲みよったと思います。

そこで解散し、一部の方と、最近オープンした立ち飲みコーナーへ移動してもう一杯。いや、もう数杯。良い場所ができたもんです。

でも、本当に、嬉しい一日でした。酪農家をめぐる環境が、変わってきたような気がした一日。

今朝は、朝から車で松山。松山支店での、今年最後の打合せ。
今朝の四国山地、雪景色。昨日は本当に暖かかったので、ビックリしました。いつもよりは暖かいのですが、突然冷えたので、北風を寒く感じた一日でした。
ここは高知自動車道、馬立パーキングエリア。ベンチの上につくられた小さな雪だるま。
向こうに家族連れの子供達が見えますが、そりゃあ喜びますよね、子供達。高知の子にとって、雪は憧れ。少し降っただけで、こうやて大喜びで雪だるまを作ってしまう。当然っちゃあ当然の行動。

週間予報を見ると、お正月も晴れそう。気温は、割合に高めですが、良いお正月になりそうです。
さあ。いよいよ今年も残り少なくなってきました。


←前日の日記2016年12月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

フッターアクセスメニュー