おすすめ

今日のにっこりひまわり

大西氏も防戦かいなくその所領を侵され〔2968〕2011/06/01

大西氏も防戦かいなくその所領を侵され

2011年6月1日(水) 曇り時々雨

 

最近、長宗我部元親さんのことを書く機会が増えました。戦国時代、四国をほぼ手中におさめた長宗我部元親さんは、土佐の英雄。しかし、阿波や讃岐や伊予の皆さんにとっては、そうではなかったようで、高知県内での扱いと全然違うがです。
元 親さんは、1562年に朝倉合戦で本山氏を破ると、破竹の勢いで勢力を広げ、1575年に中村の渡川合戦で一条氏を破って土佐を統一しました。そして信長 から「四国切り取り自由」のお墨付き、こないだの誰ガタメノ剣では「Take free」というお墨付きを取り付け、四国制覇に向けて動き始めました。その際、阿波には南部から侵攻し、続いて四国のヘソ、白地(はくち)の大西城を落 として本拠としたのであります。阿波池田の白地。1577年のことでした。今日は徳島方面に来ちょりますので、お昼の時間にちくと寄り道してみました。
元 親さんは、白地城を拠点として四国制覇戦を戦うた訳で、結構重要な史蹟になると思います。が、以前にも書きましたが、吉野川沿いの、その周辺に行っても案 内板もなにもありません。老健施設へ上っていく急な道路を上がり、民間のデイサービスセンターの敷地に入ったこの場所に、木々の間に隠れるように「白地城 址」という碑が立っちょります。左手のお宮さんは、長宗我部氏に倒された大西氏を祀る大西神社。私有地ということもあり、ここに気付くヒトは居らんと思い ます。
そして老健施設の入り口付近に「白地大西城址」のことを書いた小さな案内板もありました。それによりますと、1335年から、この城は、大 西氏が「外に出ては大剛、内にあっては民治に意をもちいた」とのこと。しかし、1577年、元親軍によって「大西氏も防戦かいなくその所領を侵され、城主 大西覚養は身を以て讃岐麻城に難をさけた」そうです。
そう。阿波の皆さんにとって元親さんは、ハッキリ、侵入して来た敵、ということでしょう。近年まで老健施設のところに城の堀や武者ばしりが残存しちょったそうですが、たぶん、長宗我部の史蹟など残す気もなく、今はなんちゃあ残っちゃあしません。
長宗我部軍がここを拠点にしたがは1577年から1585年までの7年間。秀吉の四国遠征に破れた元親さんは土佐へ退き、ここは廃城となって、今は老健施設です。
 


←前日の日記2011年06月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

フッターアクセスメニュー